ACTIVITY98%分かってしまう!?
現場スタッフの活動や思いを発信!

TOP > まるみえ博善社! > 企画営業推進部の活動 > 巣ごもり消費時代のマーケティング

巣ごもり消費時代のマーケティング

企画営業推進部 小林です。
「さぁ、いい歳して、いい顔しよう」そんな名コピーに誘われ、概ね30歳以上なら誰でも参加できる世界大会ワールドマスターズゲーム2021関西にエントリーしました。
和歌山は口熊野で開催のハーフマラソンと滋賀県彦根市である10キロにマラソンにエントリーしましたが、最後にマラソン大会に参加したのも、5キロ以上走ったのも5年前にさかのぼります。
今年は来年に向けて徐々に大会に参加して走れる身体に戻そうとして思っていた所にコロナ騒ぎ。先日、なんとかモチベーションを上げようとオンライン大会に参加し参加賞のグッズをもらいました。

「オンラインのマラソン大会なんてどこ走ってもいいわけでさ、いったい何が面白いの?」

苦肉の策として開催した主催者や関係者の方々を思うと、そう冷たく言い放ってしまうことはできません。「オホーツク網走マラソン on the web by TATTA RUN」は3,000名の参加枠だった所、追加枠を設ける程になったようです。オンラインでそぎ落とされる魅力があるのはやむを得ませんが、それでもできる方法を必死で探したり考えたりする姿を見ると応援したくなります。そういう気持ちがランナーを突き動かしたのかもしれません。

さて、続いては飲食業界のコロナ対策のお話です。

先週末、もうあと何時間かで8月を迎えるという時にお受けした御料理処「宝山園」様からの1本の電話。コロナ第2波で予約のキャンセルが続いていて何とかしたい。お盆前に最短で新聞折込チラシをしたいというご依頼。「月曜日じゃダメ、今すぐ来て欲しい」と悲壮感にあふれたものでした。

守山市では3密対応飲食店で1万円以上の飲食代なら5名以上で利用すると10%オフ(上限5万円引)、20名以上で利用すると20%オフ(上限5万円引)という助成制度が8月1日からスタートしました。宝山園様もその助成事業に登録したので折込チラシで守山市内全域に周知したいということでした。

「こんな時期に折込するのはちょっと怖いけど・・・」

それでも中でも思い切って頼って電話をいただけのがうれしくもあり、想いに応えなければ!と最短でカタチにして数日後に折込手配も完了しました。

3密対策飲食店のロゴも当社にデータがあり、仕事の関係で助成金内容もよく知っていたのも素早い理解につながりました。

裏面はコロナ対策で作ったテイクアウトメニューでしたが、こちらもチラシの制作に携わりタクシー宅配達料金が助成されることを知っていたので、宝山園様に助成内容と登録をおススメしたら、その場で商工観光課へ電話され登録店舗になられました。

私としてもSNSで広がれ!と愛されキャラを目指して作った「モリタク君(仮称)」が宝山園様の折込チラシの力をかりて守山市内の皆様にお披露目できて幸せです。

スピードとタイミングが重要。
そして、知られていないモノはナイに等しい。

巣ごもり消費時代に合わせてゆるく発信は続けていきましょう!

見せないということは、やはり存在しないものになってしまいます。

でも、巣ごもり消費時代うちの業種は何をして良いか分からない!?

↓とりあえずこんな本がありますよ↓

販促業界の愛されキャラ?竹内謙礼さんの旬な1冊ですが、ひととおり読んでメルカリで売ってしまいました(笑)。

巣ごもり消費マーケティング ~「家から出ない人」に買ってもらう100の販促ワザ


ページトップへ